Ticket is not available

Close
Event is FINISHED

ブロックチェーン・カンファレンス2019 【UNBLOCK TOKYO】

Description

**「UNBLOCK TOKYO」は、BINARYSTARとアジア最大級のブロックチェーンメディアである Asia Blockchain Review が共同で開催するブロックチェーンイベントです**


日本では滅多に繋がることのできない海外有力ブロックチェーンプロジェクトリーダーが10月5日、東京銀座に集結します!
BINARYSTARとAsia Blockhain Reviewが共催するブロックチェーンイベントー「ブロックチェーン・カンファレンス 2019 UUNBLOCK TOKYO」において、業界をリードする世界のスタープレーヤー達が銀座に集結。ブロックチェーン・エコシステムについて活発な議論を交わします。

◆2019年10月 世界中のブロックチェーン関係者が日本に集結!!

2019年、日本では数々の主要なブロックチェーンイベントが開催されています。そこで、世界を牽引するブロックチェーン企業らを招集し、業界の最前線に立つ彼らのプロジェクトやブロックチェーンの動向について、アジア最大級のブロックチェーン・ビジネス・ハブであるBINARYSTAR(バイナリースター)と、タイ・バンコクを拠点にアジアを焦点においたメディアを運営するAsia Blockhain Review(アジア・ブロックチェーン・レビュー)が、イベントを開催します。

 2018年の6月以来、 日本政府は規制のサンドボックスを導入し、ブロックチェーン、AI、IoT などの先端技術を実証し始めました。今年 3 月、金融庁は楽天や CoinCheck を含む 19 の団体に暗号資産取引所のライセンスを発行しました。そして先月、日本の企業 100 社が共同でデータをブロックチェーン上に記録し、業界間の連携を強化していくことを発表しました。

◆UNBLOCK TOKYOとは?

日本のこうした現状をブロックチェーン業界全体の将来について意見を交わす絶好の時機と捉え、今世界が注目する地域である東南アジアの主要都市―バンコク、ホーチミン、クアラルンプールにてAsia Blockhain Reviewが主催する月例イベント「UNBLOCK」の東京エディションとして、自社のアジアでのプレゼンスと世界各国のプレーヤーたちとのコネクションを活かし、彼らの基調講演やワークショップ、さらには交流夕食会をプログラムに加えた日本では機会の少ないミートアップ型のイベントを開催することになりました。

新世代のブロックチェーンプラットフォームを構築するNEOからはJohn Wang氏が「ブロックチェーン第三世代が生み出すエコシステムの全体像」について、

今ブロックチェーン業界で話題のDeFi(Decentralized Finance=分散型金融)の代表格プロジェクトであるMakerDAOからはGustav Arentoft氏が「オープンソース型、銀行のいらない経済とは」について、

またブロックチェーン業界全体が抱えるスケーラビリティー問題の解決を試みる次世代型ブロックチェーンプロジェクトのHarmonyからはJohn Whitton氏が「数億人単位が使うブロックチェーン技術とは?」について、

最前線で活躍する彼らがその知見を披露。また日本ではなかなか情報が伝わらずとも、有望なプロジェクトが数々誕生している東南アジア地区からは、タイを代表するプロジェクトであるBand ProtocolのCEO・Soravis Srinawakoon氏が彼らが提唱する「分散型データガバナンス」について講演します。

その他にもBlockstack、Consensys、OmiseGO、RSK、Animoca、Onotolgy、Dapp.com他、注目の企業をラインナップに迎えての「UNBLOCK TOKYO」、彼らと直に接触する機会をどうかお見逃しなく。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆開催概要

日時:2019年10月5日 9:30 - 18:30
場所:東京都中央区銀座1丁目8-19 キラリトギンザ11F
費用:¥9,800-(懇親会費用込み)

※英→日の同時通訳を全ての講演に設けております。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆UNBLOCK TOKYO タイムテーブル

※受付開始:9:00~ 順次対応※
*括弧内は講演の言語。当日は無料にて翻訳デバイスを会場にて貸し出します。

<1部>
1.はじめに|UNBLOCK TOKYO 開催の意義 (JP/ENG)
9:30-9:40
登壇者:赤羽雄二 氏(BINARYSTAR株式会社 アドバイザー・インキュベーションマネージャー)

2.NEO|ブロックチェーン第3世代が生み出すエコシステムの全体像 (ENG)
9:40~10:00
登壇者:John Wang 氏(NEO EcoGrowth リーダー)

3.Ethereum Enterprise Alliance (EEA)|エンタープライズブロックチェーンにおいて新たなスタンダード確立の重要性 (JP)
10:00~10:20
登壇者:石黒一明 氏(エンタープライズ・イーサリアム リージョナルヘッド)

4.対談: Consensys |De-FI と トークンの未来像とは (ENG)
10:20~10:45
登壇者: Ejaaz Ahamadeen 氏(Consensys,)Nicole Nguyen 氏(Infinity Blockchain Ventures アジア地域マネージャー)

5.OmiseGO|開発環境が整ったセカンド・レイヤーソリューションとは (ENG)
10:45~11:05
登壇者:Pong Cheecharern 氏(OmiseGo テクニカル・プロダクトマネージャー)

6.Animoca Brands|ブロックチェーン・ゲームにおけるブランディングの重要性 (JP)
11:05~11:25
登壇者:Gen Kanai 氏(Animoca Brands)

<2部>
7.Coinstreet|STOの可能性と挑戦 (ENG)
12:25~12:45
登壇者:Sam Lee 氏(Coinstreet 創業者CEO)

8.RSK|ビットコインと共に想像する未来 (ENG)
12:45~13:05
登壇者:Henry Sraigman 氏(RSK 東南アジア地区マネージャー)

9.パネルディスカッション Q&A: De-Fiの時代における常識とは (ENG)
13:05~13:30
モデレーター:Norbert Gehrke 氏(FinMirai ジェネラルパートナー) 
パネリスト:Heslin Kim氏(Tokeny Head of Asia)、Soravis Srinawakoon氏(Band Protocol, CEO 共同創業者)、Gustav Arentoft氏(MakerDAO ビジネス開発)

10.Metaverse|(ENG)
13:30~13:50

11.Ontology|エコシステムの成長を省くむ障壁を乗り越える為の具体策 (ENG)
13:50~14:10
登壇者: Andy Ji 氏(Ontology 共同創業者)

12.Dapp.com|Dappsの世界のトレンドをご紹介 (JP)
14:10~14:30
登壇者: 藤岡紀光 氏(Dapp.com Japan Lead)

<3部>
13.Band Protocol|スマートコントラクトが活躍する未来におけるDecentralized Oracleのユースケースとは (ENG)
14:30~14:50
登壇者:Soravis Srinawakoon 氏(Band Protocol CEO兼創業者)

14.Blockstack|悪のまかり通らない時代の幕開け (ENG)
14:50~15:10
登壇者:Xan Ditkoff 氏(Blockstack プロダクションパートナー兼 Blockstack PBC)

15.パネルディスカッション:ブロックチェーンプロトコルとプラットフォームの未来とは (JP/ENG)
15:10~15:50
モデレーター:Norbert Gehrke 氏(FinMirai ジェネラルパートナー) 
パネリスト:山田宗俊 氏(SBI R3 Japan)、Andy Ji 氏(Ontology 共同創業者)、吉田洋介 氏(EMURGOジャパン 代表取締役社長)、平山毅 氏(IBM Japan デジタルイノベーション事業開発部 部長, エバンジェリスト/チーフアーキテクト)

16.Harmony|ブロックチェーンは研究から開発/実証へ、億単位のユーザが使用する技術とは? (ENG)
15:50~16:10
登壇者:John Whitton 氏(Harmony)

<小休憩>

17.MakerDAO|オープンソースで銀行のいらない経済とは (ENG)
16:30~16:50
登壇者:Gustav Arentoft 氏(MakerDAO ビジネス開発長)

18.パネルディスカッション:日本とアジアにおけるSTOの展望 (JP)
16:50~17:15
モデレーター:松山雄太 氏(TECHFUND 共同創業者 CEO)
パネリスト:河崎純真 氏(レヴィアス株式会社 CTO)、井垣孝之 氏(BINARYSTAR インキュベーションマネージャー)

19. Dapper Labs |Dapp 開発者の視点から見たシャーディングとは (ENG)
17:15~17:35
登壇者:Dieter Shirley (Dapper Labs CTO)


20.Infinity Blockchain Labs|事業創造にある課題とインフィニト (JP)
17:35~17:55
登壇者:山本純矢 氏(Infinity Blockchain Labs Taiwan CEO)

21.懇親会
18:00-21:00

※1部-2部及び2部-3部の部毎の間に小休憩をはさみます。
※講演内容及び登壇者は予告なく変更する場合があります。
------------------------------------------------------------------

<登壇者詳細>
赤羽雄二 氏
【BINARYSTAR株式会社】アドバイザー・インキュベーションマネージャー

シンガポールのInfinity Blockchain Holdings アドバイザー。ベトナムの280人規模、アジア最大級のブロックチェーン開発ベンチャー、Infinity Blockchain Labs アドバイザー。日本有数のブロックチェーン開発ベンチャー数社にもアドバイザーとして関わる。

東大工学部卒業後、コマツにて超大型ダンプトラックの開発。スタンフォード大学大学院に留学後、マッキンゼーにて14年間活躍。マッキンゼーソウルオフィスをゼロから立ち上げ、120名強に成長させた。

その後、創業前からのきめ細かな支援を特徴とするブレークスルーパートナーズを共同創業、「日本発の世界的ベンチャー」を1社でも多く生み出すべく活動中。同時に、大企業の経営改革、経営幹部育成、新事業創出に取り組む。

経済産業省、総務省などの研究会の委員を歴任。東京大学、電気通信大学、北陸先端科学技術大学院大学 講師。

著書に『ゼロ秒思考』『世界基準の上司』『7日で作る事業計画書』『変化できる人』など、国内20冊、海外19冊、合計73万部超。講演多数。(https://b-t-partners.com/book )

NEO | John Wang 氏

NEOエコシステム開発長。長年に渡るサプライチェーン・マネジメントのコンサルティング経験と、複数の起業成功経験を活かし、NEOではエコシステムの開発を一手に担っている。

EEA | 石黒一明 氏

高校卒業後、映画監督を目指してロサンゼルスへ留学。大学へ通いながらLAのクラブやバーでDJを始め、ハリウッドのクラブでレギュラーDJとして本格的に活動。DJ活動の中で音楽・映像用のプログラム言語をライブで使用したのをキッカケにプログラミングを始める。

日本に帰国後、現在はクーガーのチーフブロックチェーンアーキテクトとしてコネクトームの開発を進めている。開発を担当したデモがトロントで開催されたEthereumの技術カンファレンスEdConのトップ10スーパーデモに選定される。2018年10月には米国スタンフォード大学にてコネクトームでの開発技術について講義を行った。

また、世界で最初のEnterprise Ethereum Alliance(EEA)の地域オフィスを設立し、EEAのRegional Headを務め、日本のエンタープライズのEthereum導入を支援している。

OmiseGO|Pong Cheecharern 氏

OmiseGOのテクニカル・プロダクトマネージャーとして、PongはAPI 、Tooling、Library、などあらゆる機能を開発し、OmiseGO の提唱する新しいセトルメント・レイヤーを展開している。エンジニア用のエコシステム開発にも注力しつつ、他のブロックチェーン・プロトコルの連携にも奔走している。OmiseGOに参画する前はWeb3のdAppデベロッパーとして活躍していた。

MakerDAO | Gustav Arentoft 氏

MakerDAOビジネス開発のヨーロッパ担当者。Makerはブロックチェーン金融サービスで世界のトップを邁進している。そのMakerに入る前、GustavはアルゼンチンでFinTechのコンサルタントを担当していた。ビジネス経済およびITの学士を持つ。
LinkedIn: http://linkedin.com/in/gustavarentoft
Twitter: https://twitter.com/GArentoft

RSK|Henry Sraigman 氏


IOV Labs (RSK)ではビジネス開発長として活躍していた Henryは今年、東南アジア統括に昇格した。IT業界での11年以上に渡る経験および、スタートアップ業界での5年間に渡る経験を経て、ビットコインおよびブロックチェーンの業界に飛び込んだ。ORT Institute of TechnologyにてComputer Scienceの学位を取得している。

FinMirai|Norbert Gehrke 氏

現在 FinMirai のジェネラル・パートナー、Tokyo FinTech の創立者および代表理事を務める Norbert は、これまで AIG ジャパン・ホールディングス株式会社でSenior Program Directorを、Goldman Sachsでは Cross-Divisional Projects & Architecture (XDIV)チームのマネージング・ディレクター を、Barclays では Technology Programme Services (TPS) および Global Test Centre (GTC) 担当のマネージング・ディレクターを務めてきた 。

Ontology|Andy Ji 氏

Andyはブロックチェーン業界で長きに渡り活躍を続けている、中国ブロックチェーン業界の重鎮です。Top 500に入るBlockchainグループのリーダーを務め、WandaグループのイノベーションセンターではGMおよびCBO(チーフ・ブロックチェーン・オフィサー)を務めている。また、中国の情報技術省においてはブロックチェーン技術の担当事務総長を担いつつ、Hyperledgerの顧問、ISO/IEC TC 307の中国代表団のメンバー、China Blockchain Ecosystem Alliance (CBEA)の副所長を務めています。Ji は中国政府においてブロックチェーンのホワイトペーパー執筆を始めとして、様々な活動を続けてきている。ブロックチェーンに関する本や教科書の執筆もし、多くのイベントを主催している。

Band Protocol | Soravis Srinawakoon 氏

Band Protocol CEO 兼創業者。データキュレーション・プロトコルであるBandを通して、Soravis氏はインターネット上の全ての人へ信頼のできる情報を提供することを目標に掲げる。彼はまた、多くのブロックチェーン・プロジェクトのエンジェル投資家としても良く知られる。(Ziliqa、Icon、0xなど)
ブロックチェーン以前Soravis氏はBoston Consulting Groupのコンサルタントとして活躍。コンピューターサイエンスの学士、スタンフォード大学院ではマネージメント科学およびエンジニアリングの部門でM.Sを取得

Blockstack|Xan Ditkoff 氏

Blockstackのプロダクションパートナーとして、Xanは分散化アプリケーション開発の最前線にいます。PE 、投資銀行、軍隊と多岐に渡る経歴を活かし、Xanはアプリケーション・エコシステムがますます発展していくことに全身全霊で取り組んでおります。

SBI R3 Japan|山田宗俊 氏

SIer、ベンチャー企業、日立コンサルティングでのプロジェクトマネージャーを経て、2016年、エンタープライズ向けブロックチェーンCordaを開発するR3に日本人社員第一号として参画。2019年、R3とSBIの合弁会社SBI R3 Japanに移籍。Cordaの第一人者としてビジネス開発を推進。 FLOCブロックチェーン大学校ではビジネスコース(金融・証券分野への応用)を担当。Mediumブログを通じて、ブロックチェーン情報を発信中。

Medium: https://medium.com/@munetosiyamada

EMURGO Japan|吉田 洋介 氏

株式会社EMURGO Japan、代表取締役社長。幼少期を7年間ニューヨークで過ごす。慶応義塾大学経済学部卒業後、大手総合商社・丸紅株式会社に入社。15年間に渡って、主に東南アジアで、案件開発責任者、国際入札案件のプロジェクトマネージャー、事業投資責任者など、多岐に渡るビジネスを経験。現在はEMURGO Japan代表取締役社長として、コンサルティング領域を専門にブロックチェーン業界を牽引している。

IBM Japan|平山毅 氏

IBM Japan デジタルイノベーション事業開発部 部長、エバンジェリスト/チーフアーキテクト
東京都立日比谷高等学校卒業。東京理科大学理工学部卒業。同学SunSiteユーザーで電子商取引を研究。早稲田大学MBAファイナンス。GMOインターネット、サイバーエージェント、東京証券取引所、野村総合研究所、アマゾンウェブサービスにてアーキテクト及びコンサルタントとして大規模グローバル案件の多くを手掛けた後、2016年2月よりIBM技術部門で、ブロックチェーン、AI、アナリティクス、クラウドを担当し、2019年よりIBMの戦略的新規部門であるデジタルイノベーション事業開発部で、エバンジェリスト・ チーフアーキテクトを務める。
約10年間の証券取引所業務にて、Sun&Oracle等のオープン系技術スペシャリストとして、デリバティブ、マーケットデータ、適時開示システム、トレーディングシステム等の開発運用業務を通して、取引所基幹業務に精通。
専門であるインターネット技術とクラウドコンピューティング技術を基盤に動作するEthereum、Hyperledger Fabricの両技術にも精通し、スマートコントラクトの互換性と連動性に注力。Emurgo共催東京理科大学ブロックチェーンハッカソン2018優勝。早稲田大学大学院ブロックチェーンクラブオーナー。
IBMのBlockchain技術コミュニティのメンバー。産業技術大学院大学情報アーキテクチャー専攻臨時講師、早稲田大学大学院経営管理研究科アシスタント、Mars Finance Summar Campブロックチェーン技術臨時講師。近年はBlockchain Exe、BINARYSTAR、Fintech Economy Summit 2019、TEAMS Blockchain Summit 2019、World Blockchain Forum Singapore 2019、早稲田大学ブロックチェーン研究教育講座中級コース第1回講師、等のブロックチェーン関連のイベントにも多く登壇。

著作「ブロックチェーンの革新技術~Hyperledger Fabricによるアプリケーション開発」「 絵で見てわかるクラウドインフラとAPIの仕組み」「RDB技術者のためのNoSQLガイド」「 絵で見てわかるシステムパフォーマンスの仕組み」「AWS認定アソシエイト3資格対策」「サーバ/ インフラ徹底攻略」等。

早稲田大学グローバル科学知融合研究所/ブロックチェーン研究教育ラボ主催 ブロックチェーン研究教育講座 初級コース 第1期修了。
東京大学金融教育研究センター共催 近未来金融システム創造プログラム第2期修了。

EthereumとIBMインタビュー:https://crypto.watch.impress.co.jp/docs/theme/1172287.html
R3とIBMインタビュー:https://cointyo.jp/article/10008153?page=2

Harmony | Stephen Tse 氏

Stephen Tse 谢镇滔 は高校生時代からプロトコルやコンプライヤーをこよなく愛していた。ICQおよびX11のプロトコルをリバース・エンジニアリングし、OCamlで15年コーディングして過ごした。その後、ペンシルバニア大学でセキュリティー・プロトコルおよびComplier Verificationで博士号を取得。

Stephen はMicrosoft Researchの研究員、Googleのシニア・インフラマネージャー、Appleの主幹エンジニアを経験。モバイル検索のSpotsetterを創業し、Appleに買収。

Coinstreet|Sam Lee 氏

イーサリアム中国の共同創業者でもあるSamson Lee (Sam) はCoinstreet Partnersの創業者兼CEO、DSS (NYSE: DSS)の特別顧問、STO Global-Xの共同創業者、Asia Pacific Digital Economy Instituteの共同創業者、Blockchain Applications & Investment AllianceのVP、Belt & Road TechFin Associationの創業者兼会長、Blockchain Centre Hong Kongの共同創業者、Gibraltar Blockchain Exchangeの暗号資産経済チーフアドバイザーを務め、ブロックチェーン業界で多岐にわたって活動をしている。

レヴィアス株式会社|河崎純真 氏

2016年に「50年後も続けていたい仕事を」と 発達障害者支援事業、そして、コミュニティーから国の管理までを可能にするブロックチェーン オペレーティング システム・Commons OSの開発に動き始める。コインチェック事件発生当時、要請を受け、580億円相当のNEMの追跡調査も行う。現在はCommons OSを活用し、STOをはじめとしたブロックチェーンを実際に活用した事業に取り組む。

TECHFUND|松山雄太 氏

1988年生まれ。9歳よりプログラミングを独学。大学在学中、株式会社trippiece(トリッピース)に初代エンジニアとして関わり、自らも人材会社を起業。大学卒業後は、株式会社サイバーエージェントで人事および新規事業の立ち上げに従事し、全社MVPベストスタッフ賞を受賞。2014年10月9日(テックの日)、株式会社TECHFUNDを川原ぴいすけとともに設立。現在、ICO/STOを目指す起業家向けの技術投資アクセラレーションプログラム「ACCEL PROGRAM」を運営中。

Infinity Blockchain Labs|山本純矢 氏


青山学院大学国際政治経済学部卒業。在学中より、日本の上場企業にて営業と新規事業立ち上げを2年間経験した後、2012年にベトナムに設立されたばかりのオフショア・ソフトウェア受託開発企業の立ち上げに参加するために、報酬0の状態で移住。後に功績が認められてCOOに就任し、ベトナム2拠点、日本2拠点をまたぐ開発とセールスチームの構築を担当。5名の体制から3年半で約100名年商2億円、営業利益率50%の高利益体制への成長を牽引した。

2015年にベトナムでブロックチェーン技術のR&DスタートアップをCo-Founderとして創設した。2年で250名を超えるベトナム最大のブロックチェーン技術企業に成長し、約100のスピーカーと2000名を超える来場者を達成した当時アジア最大規模となるブロックチェーンカンファレンスをホーチミン市で実現した。

2019年法人のグループ化に際して、新たにブロックチェーンを用いた事業開発を専門とする新法人IBL台湾を設立するために台湾へ移住。ブロックチェーン体験を向上するプロダクトを提供するInfinito Solution社(シンガポール)と、日本最大のブロックチェーン専門インキューベーションセンターであるBINARYSTAR社のCEOも兼任し、グループ全体のブロックチェーンを活用した事業開発を牽引している。

※他登壇者情報は随時更新いたします。


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#479590 2019-10-04 00:26:03
More updates
Sat Oct 5, 2019
9:30 AM - 6:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
BINARYSTAR
Tickets
参加チケット SOLD OUT ¥9,800
メディア/報道関係者 FULL
早割チケット SOLD OUT ¥7,500
フラッシュセール 限定チケット SOLD OUT ¥5,000
参加チケット / GENERAL ADMISSION SOLD OUT ¥9,800
フラッシュセール 限定チケット/ FLASH SALE (Limited Time Offer) SOLD OUT ¥5,000
メディア/報道関係者 FULL
メディア/報道関係者 MEDIA Pass (Credentials Required upon Entry) FULL
Venue Address
東京都中央区銀座1丁目8-19 キラリトギンザ11F Japan
Organizer
【バイナリースター】イベント事務局
820 Followers